口語訳

この花の一枝の中には、私の言いたいたくさんの言葉がずっしりとこもっています。 おろそかに扱ってくださるなよ。

《万葉集の選定》
万葉色役術鑑定士:岩崎智子

《口語訳》
萬葉集:釋注四(伊藤博著・集英社文庫)

親 色

(さくら)

桜は、紅染 (べにぞめ)の中で最も淡く、桜の花弁のような赤みを含んだ紅色です。

桜色の初出として、古今和歌集 に「桜色に衣は深く染めて着む花の散りなむ後の形見に」とあります。

桜色を意味するチェリーは、さくらんぼの果皮の色に由来する濃い赤色で、日本の伝統色の桜色とはまったくの別の色になります。

子 色

(すみれ)

菫は、やや青みの濃い紫色で、その色名は平安時代から使われていましたが、バイオレット(訳語)のハイカラな響きが若い女性の心を捉え、明治期に改めて流行しました。

当時の浪漫主義文学の与謝野晶子らは、星や菫によせて恋などを詠うので、星菫 (せいきん)派詩人と呼ばれたりもしました。

《説明文の参照》
「日本の色辞典」 (吉岡幸雄著・紫紅社)
「日本の伝統色」 (irocore.com)

  • 闇[万葉集万葉色]
  • 空[万葉集万葉色]
  • 水[万葉集万葉色]
  • 草木[万葉集万葉色]
  • 光[万葉集万葉色]
  • 実[万葉集万葉色]
  • 火[万葉集万葉色]
  • 花[万葉集万葉色]
  • 土[万葉集万葉色]
  • 黄金[万葉集万葉色]
  • 月[万葉集万葉色]
  • 聖[万葉集万葉色]