口語訳

あなたのいらっしゃる道の、長い道のりをたぐり寄せて畳んで、焼き尽くしてしまうような天の火がほしい。

《万葉集の選定》
万葉色役術鑑定士:岩崎智子

《口語訳》
万葉集:全訳注原文付(三)(中西進著・講談社文庫)

親 色

(ひ)

緋は、黄色みのある鮮やかな赤であり、平安時代から用いられた伝統的な色名です。

延喜式(えんぎしき)では、茜(あかね)と紫根(しこん)で染めた色を深こき緋とし、紫に次ぐ官位に用いました。

その次の官位が、茜だけで染めた浅うす緋となります。

茜染の薄い色を纁(そひ)といい、これは浅緋(あさあけ)よりも下の官位に用いられました。

子 色

(あかね)

茜は、茜草の根で染めた赤色で、夕暮れ時の空の形容に用いられています。

茜色より明るく鮮やかな緋色も茜草を染料としていますが、JISの色彩規格では茜色を濃い赤として、緋色は採用していません。

二つの色を区別する場合は、やや暗い赤のイメージを茜色、鮮やかな赤のイメージを緋色としています。

《説明文の参照》
「日本の色辞典」 (吉岡幸雄著・紫紅社)
「日本の伝統色」 (irocore.com)

  • 闇[万葉集万葉色]
  • 空[万葉集万葉色]
  • 水[万葉集万葉色]
  • 草木[万葉集万葉色]
  • 光[万葉集万葉色]
  • 実[万葉集万葉色]
  • 火[万葉集万葉色]
  • 花[万葉集万葉色]
  • 土[万葉集万葉色]
  • 黄金[万葉集万葉色]
  • 月[万葉集万葉色]
  • 聖[万葉集万葉色]