口語訳

天上の海には雲の波が立ち、月の船が星の林に漕ぎ隠れていくのが見える。

《万葉集の選定》
万葉色役術鑑定士:岩崎智子

《口語訳》
万葉集:全訳注原文付(二)(中西進著・講談社文庫)

親 色

薄 鈍(うすにび)

薄鈍は、墨色の淡い鈍色(にびいろ)です。

鈍色は、橡色(つるばみいろ)などと同じく無彩色系の鈍い鼠色で、染める回数によって段階的に濃く仕上げることができます。

鈍色は「にぶいろ」とも呼ばれ、平安時代から近しい人に不幸があったとき、喪に服す気持ちを込めて着用されていました。

故人との繋がり(妻の場合は三ヶ月・夫の場合は一年間)が深いほど、濃い喪服を着ることとなっていました。

子 色

薄 縹(うすはなだ)

薄縹は、水縹 (みずはなだ)または浅縹(あさはなだ)とも呼ばれ、藍色より薄く、浅葱色(あさぎいろ)より濃く染められた縹色(柔らかい青色)の一種です。

平安時代の延喜式(えんぎしき)では、藍は三段階(深藍・中藍・浅藍)に、縹は四段階(深縹・中縹・次縹・浅縹)に分けられていました。

現在では、藍染の薄い方の色から、浅葱、縹、藍、紺と呼ぶのが一般的となっています。

《説明文の参照》
「日本の色辞典」 (吉岡幸雄著・紫紅社)
「日本の伝統色」 (irocore.com)

  • 闇[万葉集万葉色]
  • 空[万葉集万葉色]
  • 水[万葉集万葉色]
  • 草木[万葉集万葉色]
  • 光[万葉集万葉色]
  • 実[万葉集万葉色]
  • 火[万葉集万葉色]
  • 花[万葉集万葉色]
  • 土[万葉集万葉色]
  • 黄金[万葉集万葉色]
  • 月[万葉集万葉色]
  • 聖[万葉集万葉色]