口語訳

み吉野の象山のあたりの梢(こずえ)には、多くさえずり合う鳥の声が響くよ。

《万葉集の選定》
万葉色役術鑑定士:岩崎智子

《口語訳》
万葉集:全訳注原文付(二)(中西進著・講談社文庫)

親 色

松 葉(まつば)

松葉は、松の葉のような深みのある渋い青緑色のことで、松の葉色とも呼ばれ、枕草子にもその名が見られる古い色名です。

藍と刈安(かりやす)で染められますが、藍を濃くすれば木賊色 (とくさいろ) になります。

松の葉に因んだ色名は、老松(おいまつ)、老緑(おいみどり)、千歳緑(せんざいみどり)、常磐色(ときわいろ)などがあり、何れも縁起の良い吉色とされました。

子 色

檜 皮(ひわだ・ひはだ)

檜皮は、檜(ひのき)の樹皮のような黒ずんだ赤茶色です。

平安時代には知られた色名であり、源氏物語には「ひはだいろの紙」や「ひはだいろの袴」などが登場します。

襲の色目(表が檜皮で裏が檜皮または縹・表が黒みのある蘇芳で裏が縹など)として、十種ほどが四季を通して用いられました。

《説明文の参照》
「日本の色辞典」 (吉岡幸雄著・紫紅社)
「日本の伝統色」 (irocore.com)

  • 闇[万葉集万葉色]
  • 空[万葉集万葉色]
  • 水[万葉集万葉色]
  • 草木[万葉集万葉色]
  • 光[万葉集万葉色]
  • 実[万葉集万葉色]
  • 火[万葉集万葉色]
  • 花[万葉集万葉色]
  • 土[万葉集万葉色]
  • 黄金[万葉集万葉色]
  • 月[万葉集万葉色]
  • 聖[万葉集万葉色]