~It all started from here~
ようこそ
万葉色役術の
世界へ
Example♂
イチロー
1973年10月22日生/主色役「草木」癒しの人

イチロー 配分式

 宮本武蔵の五輪書(註釈)を捲ってみると ~ 地之巻 ... 水之巻 ... 火之巻 ... 風之巻 ... 空之巻 ~ 色役と同じ文字が5つも並んでおり、本文には「役にたゝぬ事せざる事」と記されています。
 武蔵の役とは、もちろん剣の道を極めることでしょう。
 万葉色役術においても、巷間で主張される “ 夢を叶える ” や “ 成功する ” などは二義的な論点でしかなく、人生とは “ 自らの役割を果すこと ” と謳っており、何となく親近感が湧いてきます。
 そして、この思いは現代に生きるイチローとも重なって見えてきます。
自柱の解釈
 イチローの主色役は「草木」癒しの人、前へ前へと突き進む「火」(離色役)の力強さというよりも、 谷亮子(柔道)や 羽生結弦(フィギュアスケート)と同じく「草木」の取り柄である靭やかさ(押しても駄目なら引いてみる)を心得ているように思えます。
 そこに「空」(本柱)と「月」(従柱)が加わると、下記に記すような一連の解釈が成り立ちます。
 全体の情勢を把握し相手との間を図りつつ ~「空」(意識)
 要不要の動作を見極め己の身体を合わせながら ~「草木」(波動)
 論理的な所作において結果を示す ~「月」(現象)
名前
 本名は鈴木一朗 〜 メジャーリーグのアナウンスでは “ Ichiro Suzuki ” ~ 鈴木 =「草木」... 一 =「空」... 朗 =「月」~体を表わす名に過不足無く適応しています。
生弱運
 生弱運は “あれこれ首を突っ込むな” という注意を促す「節介」ですが、イチローの愛称は “イチ” =1=「空」~実際には宮本武蔵と同じくひとつのことに集中しており欠点の付け入る隙などありません。
所属球団
 所属4球団のうち、3球団の名前(マリナーズ・マーリンズ・オリックスブルーウェーブ)が補柱の「水」(青)に関連しています。
運勢
 プロデビューは1992年「土」の年、2年後の1994年「月」の年に登録名を変更(鈴木一朗→イチロー)し初の首位打者を獲得、ここから快進撃が始まります。
 第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での韓国との決勝戦~2009年「空」の年 ...「草木」の月 ...「草木」の日 ~ 延長10回表に2点適時打を放ち日本の連覇に貢献、その時の映像は今でも記憶に残っています。
 通算3000本安打達成(MLB)は ~ 「土」の年 ... 「土」の月 ... 「月」の日 ... 離合運の「花」「火」は人生を通して上手く避けられており、マーリンズ退団後、野球選手としての大きな節目になりそうな2018年「月」の年に古巣のマリナーズに帰還しています。
~It all started from here~
ようこそ万葉色役術の世界へ


〜Special-Interpretation〜

copyright-2006-万葉色役術.