~It all started from here~
ようこそ
万葉色役術の
世界へ
Example♀
松田聖子
1962年3月10日生/主色役「花」表現の人

松田聖子 配分式

 そっくりそのまま現実を写し出しているように見える松田聖子さんの配分式は、解釈の例として最も活用されています。
 2016年に発売の「薔薇のように咲いて 桜のように散って」がオリコンデイリーランキング1位を獲得し、曲名に2つの「花」が使われていたことに再び驚かされたのですが、他にもあるトピックから幾つか紹介しておきましょう。
本名と芸名
 本人が「花」(主色役)のイメージそのものであることに口を挟む余地はありませんが、体(たい)を表す名(な)の使い方においても文句の付けようがありません。
 蒲池法子または神田法子の場合 ~ 法 = 神 =「闇」(自らの姿を隠して全体を支配する役割)となるため、本名(離色役)から芸名へ転換 ~ 松=「草木」... 田=「水」... 聖=「聖」~ は大正解(もちろん万葉色役術の観点からの話ですが)であり、松田聖子= perfect name 〜 パーフェクトネームとなっています。
曲名
 楽曲には「花」の名と色(ピンク&パステルカラー)の付いた曲名が圧倒的に多く、離色役(禁色)となる黒系は見当たりません。
 色(色名)を含む曲名~風は秋色・青い珊瑚礁・白いパラソル・ピンクのスクーター・水色の朝・小麦色のマーメイド・黄色いカーディガン・赤い靴のバレリーナ・蒼いフォトグラフ・真っ赤なロードスター・銀色のオートバイ・ピンクのモーツアルト・瑠璃色の地球 etc...
 花(花名)を含む曲名~花時計咲いた・花びら・花一色・チェリーブラッサム・ひまわりの丘・秘密の花園・野ばらのエチュード・薔薇とピストル・旅立ちはフリージア etc...
 花一色は自ら主演を努めた「野菊の墓」の主題歌にもなっています。
相性
 彼女の代表曲~赤いスイトピーは色と「花」を唯一兼ね備えており、その作曲者で他にも多くの楽曲を提供した「松任谷由実」は主色役「聖」愛情の人、プロデューサー役の「松本隆」(作詞家)は主色役「花」表現の人、3人とも松 〜「草木」で繋がっています。
 ちなみに、夫婦別れに至った俳優の「神田正輝」(神=「闇」... 田=「水」... 輝=「黄金」もパーフェクトネーム)は従柱に「闇」を持つ主色役「氷」礼節の人、そして、互いに同じ色役「花」を持ちながら縁を繋げることの敵わなかった「郷ひろみ」は主色役「闇」神秘の人です。
運勢
 松田聖子としてのお目見えは1979年 「花」の年 ... TVドラマ『おだいじに』で 主色役「花」表現の人「太川陽介」の相手役を努めたことから始まっており、役名のまま翌年に歌手デビューを果たしています。
 ちなみに、デビュー曲「裸足の季節」から3曲目の「風は秋色」までを作曲した「小田裕一郎」も主色役「花」表現の人 ... 主な色役の配列が松田聖子とまったく同じ(1728分の1の確率)です。
成就運と生弱運
 成就運を見てみると、スポットライト「光」を浴びて、鮮烈なデビューを予感させる「息吹」(反転)と、呼び掛けやすく、且つ、親近感の持てる“ 聖子ちゃん ”という名前「聖」によって、息の長い歌手活動とファンとの強い繋がりを約束する「心力」(グレー反転)が連携しています。
 生弱運においても「怱忙」(反転)〜 “ 何事も一番を目指せ ” という指令を実践していたことは事実であると言って良いでしょう。
 万葉色役術はことさら何かを言い当てるものではありませんが、松田聖子さんの配分式を眺めるたびに、この設計図で本当に良かったなぁと感慨深いものが込み上げてきます。
~It all started from here~
ようこそ万葉色役術の世界へ


〜Special-Interpretation〜

copyright-2006-万葉色役術.