~It all started from here~
ようこそ万葉色役術の世界へ
Introduction
はじめに
 人生の道すがら、疲れた体を癒そうと、古びた長椅子にひとたび腰を下ろせば、誰でもぼんやり考えてしまうこと・・・
 私とは何者であり、どこへ向かって自らの歩を運べば良いのか?
 言い換えるなら、私は何のために生きているのか?
 あるいは、どうすれば幸せになれるのか?
 幸福の捉え方が、質的なもの(意識)から量的なもの(現象)へと偏重し続けている社会であるなら・・・多少の皮肉を込めて・・・
 どうすれば成功し、どうすればお金が稼げるのか?
 万葉色役術は、人生における「選択の余地を与え直す道具」として作られており、戦後から続く画一的な価値観に麻痺したまま、自らの理想像を描くことができない人々に対し、新しい考え方(判断の基準)を提供するとともに、あらゆる質問に回答するための独自の方法論を携えています。
 その教義の触りともなる冒頭部分を少しだけ要約しておきましょう。
教義の触り
 私たちの生きている世界において、熱力学第3法則(ネルンストの熱定理=絶対零度には到達できない)を公理として与するならば、下記のような論理の起点となる初期命題を提示することができます。 ...《表★》
動くことを考えるための初期命題
It all started from here.
前 提
私たちの生きている世界のすべての何かは動いている

事 実
何かが動けばその動きに伴う某かの現象が起きる

結 論
何が起こるかは何かがどう動くかによって決定される

 単純に考えてみても、日常に派生するあらゆる要因(明暗・寒暖・遅速・強弱 etc...)のすべてが、何かの動きによって変化していることに改めて気が付きます。
 すると、多少複雑にはなるものの、私たち人間の喜怒哀楽を含む人生の重要な論点(自由・正義・愛・幸せ・希望 etc...)も、何かが動くことで生起し、そして、変化しているのではないか?... との予見が一段と蓋然性を帯びてくるのです。
 然らば、あらゆる動きの構造を解明することによって、その中に生きる私たち人間は、制御の可能な範囲に限られるとしても、いつ、どこで、どのように動けば良いのか?... 須らく、自分らしく幸せに生きるための選択肢を探し出せるに違いありません。
最も大切な信条
 これより先の論旨(一連の思考が教義として確立するまで)は本編に譲ることになりますが、活動の始まった2006年から今日までの実績において、鑑定に連れ添って来られたお友達も「私もいいですか?」と必ず触手が伸びるように、万葉色役術の幾ばくかの有益性と圧倒的な面白さは重々認知されているようです。
 マハトマ・ガンディー(インド独立の父)〈1869~1948〉曰く ...「善きことはカタツムリのようにゆっくり歩む」の如く、万葉色役術の布達活動においては、早く広くを優先せず、一人一人に正しく、そして、丁寧に伝えていくことを最も大切な信条としており、公式ウェブサイト(コンテンツ)においても、そんな気概を込めてつくられています。
~It all started from here~
ようこそ万葉色役術の世界へ


copyright-2006-万葉色役術.