人間の性癖

自らの思考や日常における行動についての
迷いや不安を払拭するために
人間は
・・・自らに対する某かの確証を得たい
・・・自らの存在を誰かに認められたい
という思い〜心理状態を抱えながら
社会生活を営んでいます。

占いは
そんな感情〜承認欲求への慰みとして
たとえその場限りであったとしても
重宝され続けているようです。

バーナム効果

「才能の半分も活かし切れていませんね!」
と指摘されれば・・・誰でも
「当たってるぅー」と叫びたくなり
「少しばかり人生に疲れていませんか?」
と慰められれば・・・誰でも
「そうなんですよぉー」と頷きたくなります。

占う側が
余程トンチンカンな台詞を吐かない限り
その資質を疑われる謂れはないのであり
毎度お決まりの
言い当てごっこのような儀式など
単なる喋くりの座興に過ぎません。

バートラム・フォア=アメリカの心理学者
星占いの実験(1948)において
誰にでも当て嵌まりそうな共通の文面を
被験者全員に配布したところ
内容が当たっているとの回答を
全体の86%から得られたとのことです。

この結果に見られるように
一般的な事柄を自分にも当て嵌めてしまう
心理的な影響をバーナム効果と呼びます。

解答役の占い師に代わり
本人自らが
勝手に答え合わせを済ませば
当初の目的は達成されてしまいます。

確証バイアス

人間は一度何かを思い込んでしまうと
当て嵌まる事象ばかりに注目し
当て嵌らない事象については
恣意的に受け流してしまうようになります。

そうして矛盾に蓋をしたまま
ああやっぱりそうなんだ〜そうに違いないと固定観念を積み重ねてしまいます。

このように〜反証が御座なりになり
自分に優位な情報だけを補強する偏見を
確証バイアスと言います。

『マーフィーの法則』に登場する
皮肉に溢れた名言は別格として
有り勝ちな例を3つ挙げておきましょう。

よく当たる宝くじ売り場

高額当選出ました!と張り紙をしたところで
当選確率と購入場所の因果関係が
証明されたことは一度もなく
確率のばらつく範囲の中で
そんな謳い文句に煽られた購入者と
それに乗じた当選数が増えるだけであり
よく当たる宝くじ売り場など存在しません。

任意の番号を選ぶ籤にしても
単純な論理の誤謬に
誰も気付かないだけの間抜けな話です。

掛けようとしたら掛かってきた電話

適当に名前を挙げた友人からの着信なら
まだしも可能性は残りますが
その電話の相手は
日々要件のある知人からであり
掛けようとして掛かってこない事例は
何度も除外されているに違いありません。

ピンチの後にチャンスあり

そう断言するためには
ピンチとチャンスの定義を明確に設定し
実際の出現率を比較すべきでしょう。

そのような現象が起こり得る要因すべてを
否定する訳ではありませんが
ピンチやチャンスの繰り返しなんて
頻繁にあるからこそ競技なのであり
たまたま
解説者の予想が当たったとしても
綿密な検証が披露された話は聞きません。

しかし
声高らかに
こんなことを幾ら指摘してみたところで
根拠の乏しいジンクスやトンデモ話は
世間に根強く蔓延っており
占いは
永久に廃れそうにもありません。

これだけに留まらない
もうひとつの大きな理由があるからです。