「万葉色役術」
髙木則行 《大鳳》
万葉色役術 ® ~since2006~ Produced by kubrick

万葉色役術

万葉色役術 ® の表題(草書体)は
鑑定士でもある書家の髙木則行(大鳳)氏に
書いていただいた文字をトリミングして
装飾を施したものです。

以前のウェブサイトに掲載していましたが
現在は、殿堂入りしています。

万葉色役術という名称には
諸説ある万葉集の由来の一つから
「万の言の葉」=たくさんの言葉を集めた歌
という解釈を拝借し
「万の葉の色」=たくさんの草木で染めた色
という意味を与えています。

MARK

kubrick

望遠鏡を覗いている図+重力場の方程式は
宇宙の動きを探索して
色役を発見するイメージを表わしています。
クーブリック(ウェブサイトの制作チーム)
が構築した文章、デザイン、システムetc...
の証として使用しています。

スタンリー・クーブリック
=アメリカの映画監督(1928〜1999)
クーブリックは彼の名前に由来しています。
その理由については割愛しますが
一般的に記されてる
キューブリックという字面と呼称が
好みでなかったため
敢えてクーブリックと表記しています。

万葉の月

万葉の月(まんようのつき)は
主宰者の主色役〜【月】をモチーフとしており
教義を象徴する証として
ウェブサイト全体を照らす役割を担います。

万葉の花

万葉の花(まんようのはな)は
万葉のイメージを醸し出すための飾りです。

自然界の法則(フィボナッチ数列etc...)には
配慮しておりませんが
二重の花びらの数=色役の数となります。
(普通色役12+特別色役24)

色役マーク

色役マークは=アイコン=色役の分身です。
(MacOSの仮想ファイル機能の真似)

イリスプラーナ

IRIS PRANA(イリスプラーナ)
=万葉色役術本部(一般社団法人)の名称
+HOMEのアイコンにも記しています。

IRIS(イリス)は
ギリシア神話に登場する虹の女神
PRANA(プラーナ=サンスクリット)は
気息、生命力、エネルギーetc...
配分式の表題(Personal Prana)や
主色役の別名(Master Prana)にも
使用しています。

CHARACTER

梟(フクロウ)は、主宰者の代役の如く
サイトの案内役、教義の説明役etc...として
様々な場面に、時々色を変えて登場します。

ちょっとベタではありますが
ミネルヴァ(ローマ神話に登場する女神)が従える梟(知恵の象徴)のイメージです。

シルエット

シルエット(子供たち・獅子・動物ets...)は
若干の物語性を含ませながら
補足的な記号として適宜使用しています。

ILLUSTRATION

花が咲いた日

イラスト

瀧上翔子さんの描くイラスト(全5作品)は
少女と鳥たちが主なモチーフとなっており
登録関連の画面の所々に配置されています。