《配分式の解釈例》

〓松田聖子〓

Logical Explanation

松田聖子
1962年03月10日生
主色役「花」表現の人

松田聖子さんの配分式は
そのままの現実を写し出しているようであり
解釈の例として最も活用されています。

2016年に発売され
オリコンデイリーランキング1位を獲得した
『薔薇のように咲いて 桜のように散って』
曲名に2つの花名が使われていたことに
再び驚かされたのですが
他のトピックも幾つか紹介しておきましょう。

本名と芸名

松田聖子=【花】〜に異論を挟む余地はなく
名付けにも文句の付けようがありません。

神田法子の場合

「神」も「法」も〜離色役【闇】に適応する文字
自らの姿を隠して全体を支配する役割であり
現実とは真逆のイメージになります。

松田聖子の場合

すべての文字が自らの色役に適応しており
松田聖子=パーフェクトネームです。

松 = 【草木】

田 = 【水】または【土】

聖 = 【聖】

子 = 【聖】

曲 名

花名と色名がタイトルの楽曲はたくさんあり
禁色(離色役)の黒系だけは見当たりません。

色&色名を含む曲名

◉風は秋色◉青い珊瑚礁◉白いパラソル◉ピンクのスクーター◉水色の朝◉小麦色のマーメイド◉黄色いカーディガン◉赤い靴のバレリーナ◉蒼いフォトグラフ◉真っ赤なロードスター◉銀色のオートバイ◉ピンクのモーツアルト◉瑠璃色の地球etc...

花&花名を含む曲名

◉花時計咲いた◉花びら◉チェリーブラッサム◉ひまわりの丘◉秘密の花園◉野ばらのエチュード◉薔薇とピストル◉旅立ちはフリージア etc...

色と花どちらも含む曲名

◉花一色◉赤いスイトピー
この2曲のみ〜花と色の両方を含んでおり
花一色は
主演を努めた「野菊の墓」の主題歌であり
赤いスイトピーは
彼女の代表曲となっています。

相 性

赤いスイトピーの作曲者である松任谷由実
作詞家の松本隆との相性もよく
3人とも「松」 =【草木】で繋がっています。

縁の深まらなかった郷ひろみ
夫婦別れに至った神田正輝には
自柱の中に松田聖子の離色役=【闇】があり
一人娘の神田沙也加
父側と同じ系統の特別色役を携えています。

運 勢

松田聖子としてのお目見えは
1979年 【花】の年
太川陽介主演の『おだいじに』(TVドラマ)
努めた役名のまま
翌年に歌手デビューを果たしています。

デビューから3曲を手掛けた
作曲家小田裕一郎とは
色役の配列がまったく同じ配分式です。
(1728分の1の確率)

成就運

【光】(スポットライト)を浴び
鮮烈なデビューを予感させる「息吹」(反転)
親しみやすい聖子(SEIKO)という愛称
そして
息の長い活動とファンとの繋がりを約束する
「心力」(グレー反転)が連携しています。

生弱運

何事も一番を目指せという指令
「怱忙」(反転)の実践は
オリコンチャート24作連続1位の獲得が
証明していると言って良いでしょう。

万葉色役術は
何かを言い当てるものではありませんが
教義が完成した段階で
最初に求めた
松田聖子さんの配分式を眺めるたびに
この設計図で本当に良かったなあと
感慨深いものが込み上げてきます。